伊勢神宮を参拝する

庶民に親しまれる伊勢の神宮

参拝ルート

伊勢神宮とは2つの正宮(外宮・内宮)、14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社の合計125社の総称であり、一般的に「神宮」で通るの伊勢神宮だけです。

続きを読む

参拝の仕方

伊勢神宮に参拝に行った際、間違った参拝をしたりして恥をかくことは嫌ですよね? そこで今回は伊勢神宮での参拝の仕方について説明させていただきます。

続きを読む

参拝服装

伊勢神宮は日本の最高神とされている天照大御神が祀られています。日本各地の約8万社の神社を包括する神社本庁の本宗で、正月には歴代首相も参拝をする格式の高い神社です。

続きを読む

アクセス方法

伊勢神宮参拝する際、アクセス方法がわからない方は多くいるかと思います。 特に元旦に伊勢神宮に参拝したいという方は多くいるかと思います。

続きを読む

伊勢神宮の歴史

一般には"伊勢神宮""お伊勢さん"とか呼ばれていますが、"神宮"というのが正式なようです。  神宮は、五十鈴(いすず)川の皇大神宮(こうたいじんぐう)、伊勢の山田の原の豊受大神宮(とようけだいじんぐう)を総称して言います。 皇大神宮は内宮(ないくう)は天照大御神(あまてらすおおみかみ)として知られ、日本民族の総氏神とされている女性の神様です。 日本書紀の神代で素戔嗚尊(すさのおのみこと)が、天照大御神を"姉"と呼んでいるそうです。

豊受大神宮:外宮(げくう)は豊受大御神(とようけのおおみかみ) 古事記によれば、天孫降臨の後に外宮の度相に鎮座されたとあり、食物・穀物などを司る女神だそうです。 この外宮・内宮を総称して正宮(しょうぐう)と言います。 外宮から内宮までは約6km離れているので、外宮のみや内宮のみの参拝で帰られる方もいらっしゃいますが、神宮への参拝順は、外宮からその後内宮ヘとお参りするのがならわしだそうです。

神宮が管理する宮社は、内外両正宮と別宮が14、摂社が43、末社が24、所管社が42あり、4市2郡にわたり125社あります。 別宮は神宮の社宮のうち正宮に次いで尊いとされています。 摂社は、延長5年にまとめられた「延喜式」の巻九・十で、全国の神社一覧である"延喜式神名帳"に記述されている、正宮・別宮を除いた神社をいいます。 末社とは、延暦23年に提出された"延暦儀式帳"に記述されている正宮・別宮・摂社を除いた神社をいいます。 所管社とは、正宮、別宮、摂社、末社以外の神社をいいます。

古代には皇室氏神とされており天皇以外の拝礼は禁じられましたが、時代が経つと庶民の間に"お伊勢参り"が流行し、「お伊勢さん」と呼ばれるようになりました。

祭事も月次祭や大祓(おおはらえ)等の年間祭事や、日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)という毎日の祭事があります。

20年に1度の神宮式年遷宮という大祭もあります、正殿から御垣内の計65棟の社殿などを全部新しく造り、社殿内の装束・神宝を新調し、御神体を新宮へお遷しする最も重要な祭事です。 記録によれば神宮式年遷宮は、690年に第1回が行われた。戦国時代には行われなかった事もありましたが、平成5年の第61回の式年遷宮まで、約1300年間伝えられています。

平成17年から第62回式年遷宮に向けての各祭事・神事が行われ平成25年には遷宮が行われます。